つきとたいよう

話すか笑うか踊るかで絵を描くかで生きています。ダンスの楽しさを伝えるべく活動中。いろんなことをゆるーくつづります。

【話すのが苦手な方向け】簡単に話が続くようになる3つの方法。

こんにちは!レイサです。

実は私、とっても人見知りで口下手だったんです。初対面の方と1対1で話をする瞬間なんて苦痛…ってレベルで。笑 

なので今回は私が人見知り克服に効果的だった簡単に話が続くようになるたった3つの方法を話すのが苦手!というあなたに公開しちゃいます!!!

 

そもそも、私が自分の話せなさに気付いたのは夜のお仕事を始めた頃でした。その頃はキッズダンスのインストラクターをしていたのですが、1対複数かつ小・中学生という年代にはさほど話せない、と意識をしたことがありませんでした。(話すというよりも振り付けをわかりやすく伝えることに集中していたからというのもありますが…)

 

いざ初出勤でお客様と話すことに!もう忘れもしません。漫画みたいなやりとり。

 

私「初めまして、〇〇(源氏名)です。よろしくお願いします。」

お客様「よろしく〜」

…………

私「よく飲みに来られるんですか?」

お客様「たまにね〜」

…………

私「お酒は何がお好きなんですか?」

お客様「なんでも飲めるよ〜」

…………

みたいな。笑

お金を払って来てくださっているのに話が続かなさすぎて申し訳なさでいっぱいでした。

 

あの忘れもしない一夜から早6年!

たくさんの方とお話しさせて頂き、私が見つけ出した簡単に話が続く3つの方法とは!

 

1.疑問形で話し掛ける

まずは疑問形で話し掛けてみましょう。出来ればYes,Noで終わらない具体的な質問だと有効ですね!

例えば「朝ご飯たべましたか?」→はいorいいえ 、よりも

「朝ご飯、何を食べましたか?」→ごはん、ぱん、コーヒー、目玉焼きなど答えをいくつか引き出せる方が話題は広がります。

 

2.相手の目を見て話をしっかり聞く

相手の話しっかり聞きましょう。聞かなければ受け答えは出来ません。これ、とっても重要です。だいたい聞いてる振りをして流していることが多いですから。笑 さらに頷いたり、「そうなんですね」などの、受け止めの言葉があるとGOOD!

 

3.5W1Hに当てはめる

相手の話をしっかり聞いて5W1Hに当てはめてみましょう。

・why…何のために

・who…誰が

・what…何を

・when…いつ

・where…どこで

・how…どうやって

人の話は5W1Hのどこかしらが抜けている場合が多いです。そこを見つけて質問してみましょう。上に書いた私とお客様との漫画みたいなやりとりではこの5W1Hを上手く使えていなくて、私が会話を終わらせてしまっているのです← 過去の私にアドバイスをするならば、相手の話に興味を持て!!!と言ってやりたいです…

 

まとめ 

お話は人間にとって大事なコミュニケーションの一つ。話す側だけでも、聞き手側だけでも成り立ちません。思いやりのこころを持ってやりとりをしてみましょう。これを読んでくださった方が少しでも楽しくお話ができますように☆ 

 

f:id:leisunny:20171011154752j:plain

そういえばペンギンともお話できるんですヽ(`・ω・´)ノ嘘(そもそもそっぽ向かれてる

 

Twitterもやってます☆⇩

れいさ☻踊れるセラピスト (@smileisa_0725) on Twitter