つきとたいよう

話すか笑うか踊るかで絵を描くかで生きています。ダンスの楽しさを伝えるべく活動中。いろんなことをゆるーくつづります。

【カミングアウト】わたしが13年間付き合ってることのお話。

こんにちは れいさです(´ω`)

 

ショートカットでお馴染みのわたしですが、先日、わたしが13年間付き合ってる悩みごとをさらっとこんなことをカミングアウトしました。

 

まとめると

・抜毛癖歴13年

・精神科にかかって診断されたわけではないので抜毛症とは言っていない

 (多分診てもらったらそう言われるけど)

自傷行為のひとつ

・髪をきれいに伸ばすのが難しい

・美容室に行きづらい

・他者からの目が気になる

こういうことなんですね。

 

自傷行為リストカットオーバードーズなんかと一緒になるのでメンヘラかよ!なんて一言で言われたらなんとも言えないですが。笑

 

わたしが抜毛癖が付き始めたのは中学1年の頃。当時、友だち付き合いがなんとも下手っぴだったわたしはこころのもやもやを髪を抜くことでストレス発散してたんですね。自分で言うのもなんだけどド真面目だったし、学級委員や中学3年の時には部活の部長を務めたりとまぁまぁ頑張ってた。部活も県大会で入賞して、全国ランキングに載っちゃったりなんかして。

だけど、友だち付き合いが本当に本当に下手っぴだった。笑

 

そんなこんなで中学から現在までずっと髪を抜く癖が治らなくて、おしゃれに目覚める高校の時は流行りのエクステもつけられなかったし、コーンロウとかブレイズとかダンサーならではの髪型も出来なかったし、なんなら風が吹くだけで髪が薄いのをバレないように必死に隠してた。すでにバレバレだから意味ないのに。笑

 

到底、美容室にも行けなくて市販のカラー剤で染めたり、自分で髪を切って誤魔化してたりしてました。美容室の前を通るのが嫌過ぎるほどコンプレックスでね、まったく悪くない美容師さんを敵視するくらい。笑

 

そして大人になった今、服装も自由で、お金もちょこっと手にしてある程度おしゃれできるようになって、こころの余裕が出来たから、「抜毛癖」についてカミングアウトをしてみようかなって思って今回の記事を書いてるんだ。

ちなみにちょうど1年前の今頃は人生で一番短い&薄かったの!

f:id:leisunny:20180515200954j:plain

 

f:id:leisunny:20180515201145j:plain

 もはやモンチッチみたいで気に入ってたんだけどね☆

 

 

実際のところカミングアウトするにあたって、仲良くしてた人が離れちゃったらどうしようとか、今の彼が美容師さんだからひかれたらどうしようとか、結構悩んだのよね。正直とっても勇気が必要だった!

 

でも、わたしが髪のことをいじられてもうまく話せるようになったこと、コンプレックスと付き合いながらもダンスやお絵描きをしながら沢山の人と出会える環境にいること、いろいろ考えたら、逆に発信しなきゃ勿体無いなって思って。

だってさ、髪の毛なくてキャバ嬢やってたとかさ、もはやネタじゃん!(ウィッグ被って働いてた時期もあったけど。)

「髪は女の命とかいうけどそれでいいの?」って言葉も言われ慣れすぎてさ、「私の命は髪じゃない!!!」って何回も言ったこととかかさ。

私ならではのエピソードでしょ☆

 

 

わたしはダンスもそうだけど、話すことでも人前に出ることに抵抗がない。抜毛で悩む方の気持ちもある程度理解出来るし、ありがたいことに美容師さんのお友だちもいる。

 

わたし、抜毛癖(抜毛症)で悩む方と美容師さんのパイプ役になれるじゃん!

ってひらめいたんです。

まさにわたしだから出来ること、わたししか出来ないことだなぁって。

 

抜毛癖はリストカットADHDなど併発して持つ方が多く、自覚がない方もいらっしゃるようです。ナイーブな問題なのでひとのこころにずけずけと踏み込むつもりはありませんが、抜毛癖・抜毛症で悩んでいる方の

・美容室に行きたいのに行けない

・美容室に行きづらい

・大型サロンで沢山のスタッフ、お客さんの目が気になる

・小型サロン、個室サロンがいい

・空いていて人がいない時間帯に施術を受けたい

・かわいくなりたい!かっこよくなりたい!

という方の願いや想いを汲み取って、自分に自信を持って過ごしてもらえるよう背中を押したくて。

 

具体的にこれからどう動いていけるかはまだまだ洗い出せてないけれど、この記事を読んで「抜毛癖・抜毛症」というのがあるんだって言うのを知ってもらえるだけでも嬉しいです。抜毛癖や抜毛症というものがあるというのを知らない方が意外と多く、中には勇気を出して美容院に行って美容師さんに相談したら「それってなんですか…?」と言われてしまって、もっと行きづらさが強くなってしまった方もいるみたいで。

 

なんだかまとまらなくなっちゃったけど、ここまでいろいろと書いたらすっきりしたので、これからわたしと同じような悩みを持っている方、この思いに賛同してくださってご協力頂ける美容師さんに出会えるのを楽しみに日々過ごしていこうと思います。

 

追伸:先日は母の日だったのでお母さんへ

ショートカットが似合う顔に産んでくれてありがとう!

f:id:leisunny:20180515194924j:plain

 

レイサのつぶやきとゆる〜く絡んでみたい方はこちら☆

twitter.com