つきとたいよう

話すか笑うか踊るかで生きています。いろんなことをゆるーくつづります。

【自分の壁を壊す】初のイベント企画!

こんばんは、レイサです。

 

先日初めてpolcaを使って『オリジナルステッカーを作って配りたい!』という企画を立ち上げました。

おかげさまで目標金額を120%達成!ご支援頂いた方々、本当にありがとうございました。出来上がったステッカーも無事手元に届いたので、お会いした皆様にお配りさせていただきますね☆!

完成したものがこちら⇩

f:id:leisunny:20180219164946j:plain

 

さてそんな今回は私の弱みをさらけ出したお話。

 

今まで私は自分自身が表立って企画を立ち上げることはありませんでした。今回のpolcaは今までに味わったことのないような緊張感でした。 私のために支援してくれる方がいるのかな…って。

 

正直なところ私はものすんごく自分に自信がなくて企画が苦手です。

何かイベントを企画したところで内容に満足して帰ってもらえるのか、私のために集まってくれる人がいるのか、そもそも人が集まってくれるだけの魅力が私にあるのか心配でしかありません。

私と一緒にいたら絶対楽しいです!いいことあります!

なんて自信を持って伝えられないんです。

 

あれやってみたい、これやってみたいってイメージを膨らまして考えるのは大好きなんです。それがいざ実行となるとすくんでしまうのが私で。ノリと勢いという行動力があっても、私には圧倒的に足りないものがあったんです。

それは人を巻き込む力。

誰かと一緒に、皆んなと一緒に、大人数、集客。

意外にも私が苦手なキーワードたちです。

「自分一人で楽しくて満足してもらえる空間を作って提供しなきゃいけない」という勝手な思い込みもあって「誰かと一緒に楽しい空間を作り上げる」という思考がだったんですね…

それもあって具体的に自分が舵を切った企画やイベントを開催したことがありませんでした。

 

 しかし!!!!!

そんな私ですが無駄に作ったその思考や壁を壊し、へなちょこな自分を卒業するべく初めてイベントを企画しました!!!

その名も

『制服で踊ろう!〜High School Musical編〜』 

www.facebook.com

先日姪っ子と私が高校生の時にハマっていたHigh School MusicalのDVDを見ていた時に閃いたこの企画。

自分が好きなこと、自分がやっていて楽しめることだったらやれる!

文化祭や体育祭前のワクワクする気持ちを共有できる人がいるかも!

久し振りに制服着たい人もいそう!

ダンスだったらインストラクター経験もあるし!

あとはノリでなんとかなる。

という流れで立ち上げました。

 

2018年3月10日、17日の2日間!!

短期集中プランでやっちゃいます!!

ダンスが未経験の方も、とりあえず制服が着たいという方も、

High School Musicalが好きという方も、

大大大大大歓迎です!!!!!

制服は強制ではないので制服はちょっと…って方も大丈夫です!

 

リズム感に自信がない…

ダンスを始めたいけどハードルが高くて…

恥ずかしくて踊れない…という方も

何かを始めるには勇気がいるし、とっても不安ですよね。

そんなあなたの背中を私が押します!!!

正直私もこのイベントを立ち上げるに当たってとっても勇気がいりましたし不安ですから!笑

私と一緒に自分の壁をぶち壊しましょう!!!!!

 

 

twitter.com

【近況報告】ここ2ヶ月の出来事とこころの気付き。

こんばんは、レイサです。

ここ2ヶ月の間ブログの更新が止まってました。怒涛の2ヶ月と言えるくらい沢山のチャンスが舞い降りてきて、そのチャンスを逃さないためにあくせくして、あっという間に年を越し、2月を迎えました。

この2ヶ月にあった出来事を簡単にまとめると、

・小学校の教育支援員になる

・DJダイノジさんのパフォーマーになる

・天才万博(1,3日目)に出演

f:id:leisunny:20180205204416j:image

・OVERALLでのイベント出演

f:id:leisunny:20180205204458j:image

・ぺーたーずにてアート作品の展示

f:id:leisunny:20180205204535j:image

・パーソナルのダンスレッスンを開始

・初のpolcaにて支援を募りステッカー制作&リターン制作(進行中)

など、沢山の新しいことを始めたり挑戦してます。

これにプラス、バーでの仕事などでてんやわんや。完全に言い訳だけど、なかなか手が付けられない状態でした。さらにはブログ更新で写真をいれなきゃ、文章をちゃんと作らなきゃという謎の義務感に襲われて、書きたいこともちっともまとまらず、アウトプットすることが出来ませんでした。

 

昨日5,6年前に働いていたお店の先輩に会って、

「レイサ最近何してるん?」

と声を掛けてくださったんです。

先輩は私がリラクゼーションサロンを開業〜廃業したこと、その他いろんなバックグラウンドも知ってくれている大変お世話になっている方なのですが、

「いろいろやるのはいいけど、つぶれんなよ。ストレスを感じるんじゃなくて好きなことやれよ。」

って言ってくださって。

心配してくださるありがたさと嬉しさと安心と、私が1番求めてたであろう言葉を聞いて腑に落ちて涙が止まりませんでした。

 

私は自分に自覚がないうちにキャパオーバーや変な無理をしていることが多く、今回も先輩からの言葉で気付くことが出来ました。

いろんなことに手を付けて、忙しくしてなんだか自分の「こころ」と向き合うことを忘れていたんでしょうね。

「忙」という漢字は「心」が「亡くなる」というのが合わさって出来ていると言うのをどこかで聞いたことがあって、まさにこれだなーって。

 

こうやって飾らないでありのままの言葉で文章を書いていると、やっぱりブログはアウトプットにはもってこいなツール。

 これからまた飾り気のない言葉でもぽつぽつと更新していこうと思いました。

 

遅くなりましたが、ブログを読んでくださった皆様にとって素敵な1年になりますように!

 

れいさ☻ (@smileisa_0725) on Twitter

 

【元気が出る歌】こころにジーンと響いた名曲紹介。

こんばんは、レイサです。

今回はこころにジーンと響いた名曲を3曲紹介。

普段は洋楽を聴くことが多い私ですが、たまに聴く邦楽、しかも自分が生まれた年に近い頃に発売されたものがツボなんです。日本語で直接メッセージが伝わってくるのもまた邦楽の良さですよね。

まずはこれ、『あしたがくるから』というドラマの主題歌にもなった

今井美樹PIECE OF MY WISH

www.youtube.com

あしたがあるから』は、1991年(平成3年)10月18日12月20日TBS系列の「金曜ドラマ」枠で放映された連続ドラマ。全10回。脚本は内舘牧子

20代のOL、安部令子(今井美樹)を主人公に、仕事と恋愛、結婚、家族を巡る等身大でありながら運命的なストーリー。金曜の夜10時に相応しい、都会的で抑え目のトーンで綴られる大人のドラマだった。福山雅治の初出演ドラマ。(ウィキペディアより)

サビの

〜どうしてもっと自分に 

 素直に生きれないの 

 そんな思い 問いかけながら〜

というフレーズがこころに刺さります。本当にやりたいこと、好きなこと、頑張りたいこと、そんな気持ちに蓋をして素直にならず過ごしていた私の意識を変えるきっかけになった1曲です。

 

からの、岡本真夜ーTOMORROW 

こちらも『セカンド・チャンス』というドラマの主題歌。

www.youtube.com

セカンド・チャンスは、1995年4月14日6月30日TBS系で金曜21:00-21:53に全12回放送されたテレビドラマ。主演は田中美佐子

シングルマザーとシングルファザーが出会い、次第に惹かれあう様になり、周囲の反対を乗り越えながら結婚するまでを描いたコメディドラマ。

平均視聴率は16.7%。また、このドラマの主題歌である 岡本真夜の「TOMORROW」も大ヒットとなった。(ウィキペディアより)

 Bメロの

〜ビルの上には ほら月明かり

 抱きしめてる思い出とか 

 プライドとか捨てたらまた

 いいことあるから〜

というフレーズ。場所やもの、経験や肩書きへのプライドや執着を捨てきれずに苦しんでいた時に背中を押してくれた1曲です。私は歌詞の通りにいろんなプライドと執着を捨てたら新しい出会いにいろんなきっかけという、まさにいいことが起こりました!

 

そして、竹内まりやー元気を出して

www.youtube.com

徳永英明、JUJU、島谷ひとみ福山雅治、そのほか多数のアーティストがカバーをしている名曲です。曲全体を通すと失恋ソングに聞こえますが、後半の歌詞

〜あなたの小さな mistake

 いつか想い出に変わる

 大人への階段を ひとつ上ったの〜

この部分の歌詞は、どんな間違いも経験という想い出になって自分のレベルアップにに繋がるよ!って言われているみたいです。最後の

〜人生はあなたが 思うほど悪くない

 早く元気出して あの笑顔を見せて〜

この部分は思い悩んでいたり、物事がうまくいかない時にジーンときますね。誰かを元気付けたい時にもオススメしたい1曲です。

 

洋楽で体を揺らしながらノリノリになることが多い私ですが、こういう邦楽も大好きです。皆さんも自分の気持ちが前向きになれたり、テンションが上がったり、落ち着けるようなお気に入りの曲を聞いてメンタルコントロールしてみては…?

f:id:leisunny:20171207221914j:plain

(愛犬のアクアです。 注※実際に音楽はかかっていません)

www.instagram.com

 

【表現ってなんだろう】正しいことに捉われていたあの頃。

こんばんは、レイサです。

絵を描いたり、撮影のモデルや短編映画の撮影のエキストラをしてみたり、いろんなアーティストさんと出会ったりと刺激的な毎日を過ごしている私です。

こんな角度からカメラを構えていたんだ

照明ってこうやって当てるんだ

こうやって絵を描いているんだって

自分が知らないことだからこそ参加したり見ていると面白くて楽しくて。さらにそのアーティストさん、役者さんの色がついていくのが目に見えて分かって、これが表現なんだって実感しています。

f:id:leisunny:20171205202935j:plain

私はダンスが好きですが、即興で振付をパッと考えることが苦手です。えっ、インストラクターやってたんじゃないの!?って思われるかもしれないですが、苦手なこともあるんです。笑 私は振付を覚えて踊ること(レッスンを受けたり、パフォーマーという立場)、あらかじめ時間をかけて振りを作ることは出来るのですが、即興で振付となると自分のイメージやクリエイティブさや色をすぐに出さないといけなくて。何で即興が苦手なんだろう…って考えた時に「正しいこと」にこだわっていたんだなって気付いたんです。もちろんダンスには基礎、基本があったり、ステップや体の向きやノリなどいろいろがあってそれを踏まえた上で踊れたほうがかっこいいし、様になります。だけど、私はその中で「正しい動き」に捉われていてこのステップの時はこの体の向き、ノリはこんな感じ、間違えちゃいけない、順番通りじゃなきゃいけないって正しいことばっかりを考えて『自由に表現する楽しみ』を忘れていたんです。せっかく自分のスタイルや色が出せるチャンスを、正しいことをしなきゃいけない!と苦手意識を自分自身に植え付けていたなんてもったいなすぎる…泣

f:id:leisunny:20171205212330j:plain

 写真や絵、ダンスや音楽、もちろんブログもいろんな作品の数だけアーティストさんやクリエイターさん、ブロガーさんがいて、どんな作品にも正しい、間違いなんてことはなくて、全て作者の色。『表現は自由』という楽しみを忘れないで、自分に素直な表現者でいたいと思います☆

www.instagram.com

【人の目が気になるという方へ】誰の人生ですか?

こんにちは、 レイサです。

プロフィールはこちら⇩

kira2sunny.hatenablog.jp

 

最近、『人からの目が気になる』という誰もが1度は思ったことがあるこの感情を上手く取っ払おうと、やってみたかったことや興味があることに片足を突っ込んでみる生活をしています。

 

 私は昔から人からの目を気にすることが多く、むしろ今でもたまにそうな気がします。小・中学生の頃、授業で当てられたらどうしようって、ダンスをしている時は間違えたら恥ずかしいなって、お店を閉める時はあいつ上手くいかなかったんだって思われたら嫌だな、って逐一自分の行動を気にしていたんです。 

目立ったら恥ずかしい

失敗したらどうしよう

嫌われたらどうしよう

評価が下がったらどうしよう

なんて、きっとみんな考えますよね。でもそれって逆を言えば、目立たないように、失敗しないように、嫌われないように、評価が下がらないように生きているのと同じです。

目立たないように自分を抑え、

失敗しないように安全策をとり、

嫌われないように人の顔色ばかり伺い、

評価がさがらないように挑戦しない。

なんだか本当の自分の姿というよりも、取り繕って出来た仮面や鎧で覆われた姿ですよね。無駄に頑丈に装備して自分を守る意味があるのかな?って思います。

私はこのガチガチの仮面や鎧を少しずつ外すことで本当の自分に出会いました。(取り戻したともいうかな?)

こうやってブログを始めて本音の部分をさらけ出したり、撮影のモデルをしてみたり、自分が描いた絵を公開してみたり。否定や批判の言葉があるのかもって半分恐れながらも、自分がやってみたかったことや興味のあることに片足を突っ込んでみたんです。そしたら本当に楽しくて、ふと、私ってこんな性格だったっけ!?思う時があるんです。こんなに笑えたんだって、こんなに涙もろかったんだって、自分なのに自分じゃないみたいな瞬間を感じるんです。

f:id:leisunny:20171202151559j:plain

 もちろん仮面や鎧を外すことは簡単じゃないかもしれません。ただ、

あなたの人生は誰のものでもなく

あなた自身の人生です。

誰の人生でもありません。 

人からの目を気にする前に

自分と向き合ってみましょう。 

本当はやりたい事があるのに人の目が気になって行動できていなかった方、人に否定されるのが怖くて自分の意見が言えなかった方、人の目を恐れていたらとってももったいないですよー!!!

 私は自分の仮面や鎧を外し始めてから、否定や批判の言葉をかけられたことなんてなくて、むしろありがたいことに賞賛や応援の言葉をいただくことが多く意外と周りは暖かく見てくれているんだなって実感しています。それだけじゃなく、私の別の一面を見て新しい繋がりが出来たり、別のことで声を掛けていただけたり。

人の目を気にしてやりたいことや可能性を抑制してた自分は、なんだったんだー!!!って本当に思います。

一度きりの人生、人の目を気にして過ごすより自分が好きなこと、やってみたいことにどんどんトライしてみましょう☆

 私は1歩踏み出したいというあなたを応援します!

f:id:leisunny:20171124212557j:plain

【言葉を丁寧に使っていますか?】私が気をつけている3つのこと。

こんばんは、レイサです。

今回は私の過去を少しだけさらけ出したお話。

 実は私が中学生の頃、同級生からの言葉でとっても嫌な気持ちになったことがありました。包み隠さずその時のことを書くと、部活の朝練を終えて朝のホームルームの開始ギリギリ時間に教室に入った時のことでした。どこからともなく聞こえてくる「帰れー帰れー」という帰れコール。教室内を見渡すと私のことを見ながらコールをする数人の女子たち。私が席に付いて静かになったと思いきやすぐさま始まる「死ね、死ね」という死ねコール。同じく数人の女子たちでした。この時の情景は十数年経った今でもずっと忘れられず、こころに深く残っています。

かと言えば、私が発したよくない言葉、心無い言葉で他の子や家族を傷つけてしまったこともありました。自分が言われて嫌だった言葉やその言葉によって受けたストレスを、他者や家族に伝えるという悪循環を作ってしまっていた弱い自分。人間関係どころか言葉のコミュニケーションで悩むことがよくありました。 

あれから十数年が経った今沢山の方に出会い、いい言葉もよくない言葉もいろいろ聞いたり発しながら過ごしていました。ですがここ最近、人の言葉で応援してもらったり背中を押してもらうことや助けてもらうことが本当に本当に多くて、私も言葉で人を助けられたら素敵だな…って純粋に思い『言葉を丁寧に使うこと』を心掛けています。

具体的に私が気をつけていることは

 感情的になって話さない

 感情的になってしまうと勢いでよくない言葉が出がちです。少し間を置いたり、最後まで話をしっかり聞くことを意識しています。

 人の言葉を全て鵜呑みにしない

 その場の雰囲気で真面目な話なのか、冗談なのかの状況判断をして言葉を受け止めます。自分が言われて嫌な気持ちになることはスルーします。笑 ただ、言われて耳が痛い…と思うことは自分が成長できるヒントであることも多いので有り難く受け止めて、そっとこころにしまっておきます。

自分が言われて嫌なことは人に言わない

 言われて嫌な言葉だけではなく、ネガティブな空気になるような言葉もなるべく使わないようにしています。ポジティブな言葉を選んで優しい言い回しを選ぶと場の雰囲気も柔らかくなるかと。

 

 一生こころに傷が残ってしまうようなよくない言葉よりも、一瞬にして人の笑顔が引き出せるような話し方、言葉遣いができた方がなんだか楽しくて幸せになれそうな気がしますよね。前向きないい言葉を発していたらいいことが起きる、何かチャンスが舞い降りてくると思ってあなたも言葉を丁寧に使ってみませんか?

f:id:leisunny:20171129230940j:plain

(Photo by とっくん https://twitter.com/YasuakiTokunaga

twitter.com

【自分を幸せにしてあげられていますか?】売上と結果ばかりを求めていたあの頃と今。

こんばんは、レイサです。

ばたばたと充実した11月が半分過ぎ、ふと1年前の自分を思い出してみました。

 

1年前の私は小さなリラクゼーションサロンの経営者&セラピストでした。毎日、ノーゲス(お客様0人)は避けよう、目標来店人数と目標売上を達成させよう、店の中にいないで外に立っていよう、なんて、とにかくがむしゃらで側から見たらそれっていつまで続けられるの?ってくらい。 真冬も一人でずっと駅前に立ってポケットティッシュを配ったり、約10000枚のチラシを全部ポスティングで回ったり、人に助けを求めることを知らなかった私に馬鹿野郎と言ってやりたい気持ちです。笑

開業して3年は我慢だとか、初めから上手くいかないと覚悟していたものの全部一人で抱え込んで、毎日キャパオーバーで自分の店なのに毎日出勤するたびに涙が出て来るほどの精神状態。こんな状態でお客様の身体のケアなんかきちんと出来るわけがないと自分でも分かっていたのに、休んじゃいけない、遊んでちゃいけない、早く結果を出さなきゃいけない、失敗しちゃいけない、売上を作らなきゃいけない、そんな焦りばっかりで仕事を楽しむことを忘れていました。

 

今の私は今年の夏にぺーたーず(https://twitter.com/paters__)に行ったことをきっかけに、いろんな執着を手放しながらご縁に恵まれ、ぺーたーずの運営メンバーになりました。

f:id:leisunny:20171124212435j:plain

同時に都内に行くことが増えるのでシェアハウスのほぼ住人になってみたり、さらにはゆかいな音楽グループ OVERALL(https://twitter.com/overall_777)のパフォーマーになったりで仕事以外のことでも充実している日々。

f:id:leisunny:20171124212517j:plain

人を巻き込む方法うんぬんの前に、人に巻き込まれる楽しさとどんな人に巻き込まれたいかということに気付いていなかった私は今現在、たくさんの刺激でもみくちゃになりながらもそのスピードに置いていかれないように楽しく過ごしています。

出会うべき人に出会えて、好きなことができて、応援しあえる仲間もいて、自信を持って幸せですって言える。

自分を幸せにする方法って意外とすぐそばにあるのに、1年前の私は仕事や時間やお金を理由にその方法を見て見ぬ振りをしていたり、自分を幸せにするチャンスを逃してたんだなって今になって思います。

 

もし最近元気がないな、自信がないな、心から笑えないなって方がいたら

『自分のこと、幸せにしてあげられているかな?』

って自身に問いかけてみてください。

きっと自ずと答えが出てきますよ♪

 

一度きりの人生、楽しく笑顔で過ごせる時間が少しでも増えるようにあなた自身のことも大切にしてあげましょう☆

 

Twitterはこちら⇩

twitter.com